任意売却は無料で相談出来る場所で相談をしよう

住宅ローンの支払い

札束

離婚をする場合、住宅ローンは誰が支払うのか揉めるケースは多いものです。マイホームを妻が所有しても夫が支払うというケースが多く、支払いをやめてしまうと面倒なことになるためしっかりと話し合う必要があります。

便利な決済代行

大きな家

決済代行を利用する場合、業者選びは重要になってきます。信頼性のある業者でない場合、安心して任せることが出来ないため慎重に選ぶ必要があるといえるでしょう。また、ネットなどでも調べることが出来るため参考に出来ます。

ネットで探す

お洒落な家

不動産ローンを利用する場合、利息などを比較することでより良い場所を見つけることが出来るといえます。また、インターネットサイトでは一括検索ができ、数社で比較することが出来るため便利といえます。

主婦でも可能

大金

主婦でも即日融資が受けられる場所があります。急な出費以外にも家計の負担を抑えるために利用する主婦も多いため上手く活用すると良いでしょう。審査は、パソコンやスマホから出来るためいつでも利用が可能となっています。

カードの発行

戸建て

即日利用が出来るキャッシングは、様々な会社で利用することが出来ます。また、審査が通過するとカードの発行になりますが、無人契約機や窓口ではその場でカードを受け取ることが出来るため利用すると良いでしょう。

相談する

高級マンション

収入が減るなどして住宅ローンが払えないとなった際に相談できる相手がいますか?こちらのサイトで対処方法を知っておきましょう。


苦労して手に入れたマイホームでも、多くの場合はマイホームローンを返済していかなければなりません。通常の場合、20年、30年とローンをコツコツ返済し、無事完済となりますが、経済的理由でローンの返済が困難になるケースもあります。売却代金と手元資金でローンを全額返済できれば、通常の不動産取引としてマイホームを売却することが可能ですが、手元資金が準備できない場合は、ローン全額を支払わずマイホームを売却するのが任意売却です。任意売却の相談は、営利業者も多くいますが、非営利団体もあります。無料で任意売却の相談を行ってくれる営利業者もいますが、非営利団体の場合は、相談料を要求されることはないので、ローンで悩まれている方は、まずは非営利団体に相談することをお勧めします。

任意売却を迫られるケースは、なんといってもマイホームのローン返済が、経済的負担となってしまう家庭です。ローン設定時には、可能と思われた金額でも、家庭の年収が激減した場合などです。マイホームの名義人に万が一のことがあってもローン返済に困らないようにするための保険もありますが、その保険のほとんどは、名義人が亡くなった場合のものです。したがってリストラで収入が減ったり、転職によって収入が減ったりした場合は、保険の適用を受けることもできません。リストラや、転職しても、しばらく経てば収入が増えると見込める場合は、試行錯誤しながら、任意売却を思い留まりますが、そうでなければ任意売却で少しでも借金を減らし、月々の負担を減らそうと考える家庭が多いようです。