任意売却は無料で相談出来る場所で相談をしよう

住宅ローンの支払い

高級マンション

わかりきったことなのですが、離婚の際に、住宅ローンは夫のつけにして、妻が住み続けることがよくあります。ただ、本来的にはこのような話はおかしいことで、夫婦で共同して取得した財産ではないものをなぜにただで住み続けられるのか法的な根拠には乏しいものになります。こういった場合、夫も支払いがばかばかしくなって、支払いをストップすることがあります。そうなるとローン会社も差し押さえを検討しなければならなくなって、面倒な事態に陥ることになります。そうほうの感情のもつれから、このような事態になるのはまったく金融機関としては困惑してしまう事柄です。そのようなことにならぬようにしっかりと話し合いをして財産的なことも取り決めをしておかなければ、自動的に自分だけがうまくいかせようとすることはできません。

離婚自体の原因にもよりけりですが、一方的な負担を強いるのはトラブル発生のもとになりますから、財産的な清算もしておくことが肝心です。いっそ不動産も任意売却を検討してみておくこともあり得る選択です。離婚と住宅ローンとは無関係であり、財産的な生産をリンクさせておくのならば、双方のしっかりとした話し合いの末に決めておくべきです。弁護士などに割って入ってもらって、アドバイスをもらう方法もあります。離婚した後でも住宅ローンの支払い等について話し合いを持ちかけることはもちろんできますし、家庭裁判所を利用して、相手方と住宅ローン関係の取り決めを話し合うこともできます。ともたく一方だけに都合よくということはできませんし、バランスのとれた内容にしておくべきです。